Entries

「不合理」な生き方

「不合理」な生き方



「犬猫は死なれるのが悲しいから飼わない」という主義の人がいる。気持ちはよく分かる。
合理的な考えと言えよう。「合理的」とは、「道理や理屈にかなっているさま。物事の進め方に無駄がなく能率的であるさま。」(広辞苑)とある。

わが家には犬が1匹、猫が14匹いる。犬は14歳で目は白内障、足は後ろ足がおぼつかない。

001_20170612210540958.jpg

食事は二人がかりである。猫はわが家の庭で生まれたり、放浪してわが家に来た野良猫ばかりである。
検査・手術してすっかり「家猫」になっている。

002_201706122106511a6.jpg

言葉を発しない彼ら。したがって「嘘」をつかない彼ら。その彼らともいずれ別れるときが来る。
そのときの悲しみを恐れて、犬猫を飼って愛することを控えるという「合理的」考えには私は与しない。年老いた犬猫は、またそれで愛おしい。

生を受けたものは、生まれたときから死に向かって生きている。
どうせ死ぬのだから生きることが虚しいと言えるだろうか。

「楽だ」「得だ」「ためになる」「利用できる」等々、何事も「合理的」を目指す昨今、自分も含めて、私の周囲の人たちには「不合理」「割に合わない」ことをしている人が実に多い。
一例を挙げてみよう。

少し前になるが、シュートボクシングの試合に招待された。ウイキペディアによると、シュートボクシングとは「キックボクシングの技に加え、投げ技および立った状態での関節技(極め技や絞め技)が認められている立ち技の新興格闘技」とある。
その試合を見ているうちに、「不合理」という言葉が浮かんできた。
若者が懸命になって戦う。顔が次第に変形していく子もいる。
勝った方も負けた方も、終わると必ずリング下の会長のところに挨拶に来る。会長の言葉を正座して聞き、おじぎをして退場する。
大学生あるいは高校生の年代かも知れない子たちが、素直に聞いている姿。
同世代の大半は、あちこちの街で遊んでいるであろうこの時間、殴られ蹴られている若者がいることに強烈に感じるものがあった。
体重が規定より僅か数百グラムオーバーしているということで、ファイトマネー(出場給)を没収されても試合に臨む若者。勝ってもお金にならないのに殴られ、蹴られている。

005_2017061221084330f.jpg


「楽をして金儲けをしたい」と考える人間が多い昨今、金儲けではない世界を見つけた若者達がいる。
いろいろな過去を持つ子もいるのかも知れない。しかし、試合に勝つという歓びを見出した若者達の姿。彼らを血の滲む思いでここまで指導してきた人々の努力も、この一種の神々しさを垣間見た瞬間、必ずや報われるであろう。
「若者もまんざら捨てたものではない」と目を細めて言い切る会長の脳裏には、「不合理」の中で努力するこの子らの姿がいつもあるからだろう。あまり使わない「頑張れ!」という言葉が、胸中自然に出て来た。
日本人の多くが、何十年も忘れ去っていた大切なことを思い出させるひとときだった。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mar2002.blog92.fc2.com/tb.php/129-e68f358a

トラックバック

コメント

[C14] 千葉先生ありがとうございました。

千葉先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。日曜日18:00より、セレモニーホール与野にてお通夜が行われます。翌日月曜日9:00より同所で告別式です。
  • 2017-06-16 18:54
  • 武市憲幸
  • URL
  • 編集

[C15] ご冥福をお祈りします

千葉先生

今年も年賀状を頂戴し、ご活躍を拝見しておりましたのに突然の訃報、大変寂しく思っております。

先生のご指導を賜り理学部数学科に進学したことがつい昨日の様に思い出されます。

私にとって幼稚園から修士課程まで20年のG生活のうち、わずか3年ですが先生の思い出が一番残っています。
卒業アルバムにはデッサンを描いて頂き、教育実習でお世話になり、また結婚式にもおいで頂きました。

公私ともにお世話になりながら、最近はご無沙汰にしてしまい大変失礼をしておりました。
通夜が最後のご挨拶になってしまったこと、本当に悲しいです。

先生、ありがとうございました。
  • 2017-06-24 14:43
  • H1卒業生です
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

marchan

Author:marchan
千葉 糺(ちばただす)
1947年生

東京理科大学大学院修了(数学・複素関数論専攻)
平成14年~18年度学習院中等科長・高等科長。任期満了の後、学習院高等科教諭(平成19年~24年度)を経て
学習院名誉教授。

(写真は雑誌『Shi-Ba』V.43
から。黒柴マーちゃん,
愛猫いっちゃんと)

国画会彫刻家 故・千野茂氏にデッサンを学び、その後テンペラ画を中心に個展、グループ展等開催。

時間を見つけて谷中「全生庵」坐禅会参加。日本ユダヤ学会会員。
2007年、イスラエルを中心に旅行。


最近の紀要論文
(1)『イエス・千日で世界を変えた男の受難』─「『事実』と『真実』というaporia」─
学習院高等科紀要第5号(学習院高等科 2007年)

(2)『イスラエル・灼熱の旅 リポート』─荒野の民から学ぶ─
学習院高等科紀要第6号(学習院高等科 2008年)

(3)『ナザレのイエスはキリストか』=二千年前の一ユダヤ人の死をめぐる過ぎ去ろうとしない「過去」=
学習院高等科紀要第6号(学習院高等科 2008年)
(4)『ユダヤ灼熱の旅リポート2』
─平和ボケの民と臨戦態勢の民─
学習院高等科紀要第7号(学習院高等科 2009年)
(5)『聖書への旅』─「生きること」の意味を探して≪マタイ受難曲を聴きながら≫─
学習院高等科紀要第8号(学習院高等科 2010年)
(6)「パリサイ派とは何か」─現代に問う
補遺 聖書を側面から理解するために
学習院高等科紀要第9号(学習院高等科 2011年)
(7)─横顔・一七世紀オランダ絵画・印象派─西洋絵画についての一考察
学習院高等科紀要第10号(学習院高等科 2012年)
(8)聖書が私に教えてくれること
─『イザヤ書』、コルベ神父、そして山本七平─
学習院高等科紀要第10号(学習院高等科 2012年)
(9)四十年を振り返る
学習院高等科紀要第11号(学習院高等科 2013年)
(10)『院歌の周辺』 ─安倍能成 信時潔 岩波茂雄 頭山満─(学習院高等科 2014年)
(11)『ヘブライ語で学ぶ創世記Ⅰ』「ノアの箱舟」
(12)『これからの教育はどうあるべきか 数学者・秋山 仁先生との対談』(学習院高等科 2015年)
─ 今まさに問われていること ─
(13)『国際化とInternationalizeの狭間で』
─その大いなる溝─(学習院高等科 2015年)
(14)『これからを生きるために』─未来志向の経営の理念─(学習院高等科 2016年)
(15)『地球儀を傍らに』─教職追放 地政学 国際法 民主主義─(学習院高等科 2016年)

(写真は死海での筆者,
シナイ山頂での夜明け)

「現代社会の問題を糺し未来の扉を開く会」

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ニュース

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-