Entries

渡部昇一氏の死を悼む

渡部昇一氏の死を悼む


上智大学名誉教授・渡部昇一氏の死を新聞で知った。英語学者と言うよりは、保守論客として知られた人である。
昔、ミリオンセラーとなった『知的生活の方法』を読んだことを思い出す。日本のあり方について保守派の立場から積極的に発言した方であった。
つい先日、読みかけにしていた氏の著作を、再び読み始めたばかりだった。題名は『朝日新聞と私の40年戦争』(PHP研究所)。
この中に、1980年10月15日付朝日新聞の「大西巨人VS渡部昇一」という記事が、「捏造」記事だったと書いてある。
たとえ虚構報道であろうとも、朝日新聞に載ることによって一般に、書かれた人物は社会から葬り去られる。

90年代に朝日新聞社の中での講演を依頼され、講演会の冒頭で司会者が「以前、大西事件というのがありましたけれども、あれはなかった話ですから」と、「捏造」とは言わなかったけれど、わざわざ取り消してくれました。ありがたいなと思いましたが、朝日新聞は外に向かっては取り消していないし、謝罪もしていません。朝日らしいといえば、朝日らしい。


とある。朝日の中にも、「主流派」を苦々しく思っていた人たちも相当いたということである。

ただ、基本的にこの朝日新聞の「捏造」体質は現存していることを、氏は追求し続けた。
2014年8月5日付「慰安婦問題 どう伝えたか 読者の疑問に答えます」、福島原発事故の「吉田調書」に関する「誤報」記事等々で、朝日新聞の信頼は失墜した。しかし、体質はそう簡単に変わるはずがない。「従軍慰安婦問題」として大きく外交問題まで発展させた責任など、何も感じはしない。大々的に記事にした元・記者のその後の行動然りである。
別の本で渡部昇一氏はこう語っている。

「(彼らには日本)『悪しかれと願う』という思想が根底にある」


と。
ここまで書いて、「人の痛み…」と続けて書こうとしたが、ある事件を思い出した。
かつて『週刊朝日』に、政治団体「風の会」を「虱(しらみ)の党」という風刺した記事が載ったことである。9ヶ月後、その政治団体の代表が朝日新聞社長室で短銃自殺したことはご記憶の方も多いだろう。
その20年後、長谷川三千子氏が追悼文を書いた。その中でこういう表現がある。

「彼ら(朝日新聞)ほど、人の死を受け取る資格に欠けた人々はゐない。人間が自らの命をもつて神と対話することができるなどといふことを露ほども信じてゐない連中」


と。2013年、長谷川三千子氏がNHK経営委員になったとき、真っ先に追悼文を書いたことを批判したのは、勿論、朝日新聞であった。

渡部昇一氏のご冥福を心からお祈りいたします。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mar2002.blog92.fc2.com/tb.php/127-6baedec7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

marchan

Author:marchan
千葉 糺(ちばただす)
1947年生

東京理科大学大学院修了(数学・複素関数論専攻)
平成14年~18年度学習院中等科長・高等科長。任期満了の後、学習院高等科教諭(平成19年~24年度)を経て
学習院名誉教授。

(写真は雑誌『Shi-Ba』V.43
から。黒柴マーちゃん,
愛猫いっちゃんと)

国画会彫刻家 故・千野茂氏にデッサンを学び、その後テンペラ画を中心に個展、グループ展等開催。

時間を見つけて谷中「全生庵」坐禅会参加。日本ユダヤ学会会員。
2007年、イスラエルを中心に旅行。


最近の紀要論文
(1)『イエス・千日で世界を変えた男の受難』─「『事実』と『真実』というaporia」─
学習院高等科紀要第5号(学習院高等科 2007年)

(2)『イスラエル・灼熱の旅 リポート』─荒野の民から学ぶ─
学習院高等科紀要第6号(学習院高等科 2008年)

(3)『ナザレのイエスはキリストか』=二千年前の一ユダヤ人の死をめぐる過ぎ去ろうとしない「過去」=
学習院高等科紀要第6号(学習院高等科 2008年)
(4)『ユダヤ灼熱の旅リポート2』
─平和ボケの民と臨戦態勢の民─
学習院高等科紀要第7号(学習院高等科 2009年)
(5)『聖書への旅』─「生きること」の意味を探して≪マタイ受難曲を聴きながら≫─
学習院高等科紀要第8号(学習院高等科 2010年)
(6)「パリサイ派とは何か」─現代に問う
補遺 聖書を側面から理解するために
学習院高等科紀要第9号(学習院高等科 2011年)
(7)─横顔・一七世紀オランダ絵画・印象派─西洋絵画についての一考察
学習院高等科紀要第10号(学習院高等科 2012年)
(8)聖書が私に教えてくれること
─『イザヤ書』、コルベ神父、そして山本七平─
学習院高等科紀要第10号(学習院高等科 2012年)
(9)四十年を振り返る
学習院高等科紀要第11号(学習院高等科 2013年)
(10)『院歌の周辺』 ─安倍能成 信時潔 岩波茂雄 頭山満─(学習院高等科 2014年)
(11)『ヘブライ語で学ぶ創世記Ⅰ』「ノアの箱舟」
(12)『これからの教育はどうあるべきか 数学者・秋山 仁先生との対談』(学習院高等科 2015年)
─ 今まさに問われていること ─
(13)『国際化とInternationalizeの狭間で』
─その大いなる溝─(学習院高等科 2015年)
(14)『これからを生きるために』─未来志向の経営の理念─(学習院高等科 2016年)
(15)『地球儀を傍らに』─教職追放 地政学 国際法 民主主義─(学習院高等科 2016年)

(写真は死海での筆者,
シナイ山頂での夜明け)

「現代社会の問題を糺し未来の扉を開く会」

検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック

Basic Calendar

<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ニュース

今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-